夜能特別公演「石橋 連獅子」を終えて

先日は夜能特別公演にて
石橋連獅子を無事終えることができました

私が前シテ、
後半の獅子は親獅子を父、子獅子を弟が勤めました

弟は被き(ひらき=大曲を初めて演じること)の舞台でした

鏡の間で装束をつけて親子3人並ぶというのは最初で最後のことかもしれません

コロナでオリンピックも延期となり、
入場者も半分に制限された中ではありますが
このような貴重な機会をいただけてありがたく思いました

それぞれ流儀で大切に伝えられてきた由緒ある面を使わせていただきました

お家元の心遣いに応えられるよう、
また祝言の曲である「石橋」でコロナを収束へと導けるよう
精一杯気を入れて頑張ったつもりです

このような状況の中、能楽堂へ足を運んで下さった皆様、
本当にありがとうございました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です