夜能「絵馬」を終えて

先日は夜能「絵馬」にご来場いただきありがとうございました

四方を囲まれた天岩戸の作り物の中は孤独で、 道成寺の鐘の中を思い出しました

岩戸の前で天鈿女命と手力雄明神が神楽を舞っている姿は作り物の中から見えないので本当に覗いて見たい気持ちになりました

絵馬はツレがたくさん出る演目で、一緒に内弟子時代を過ごした同世代の仲間と共に一つの舞台を作れたことも大きな喜びでした

いろいろと反省点もありますが、次への糧にしたいと思います

今月29日には金沢・冬の観能の夕べで「葵上」を勤めます
こちらも大変な曲なので、稽古に励みたいと思います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です